きものの雑学

ジンベエザメ

ジンベエザメ

 世界で一番の大きさを誇る魚類、ジンベエザメは成長すると10メートル以上の体格となるサメの仲間です。名前の由来は、体の背面を縦に走る斑点の模様が着物の着物の甚兵衛羽織に似ている、また魚の形が甚兵衛羽織を着た姿に似ていることから「ジンベエザメ」と呼ばれるようになったといわれています。サメということで、襲ってくるなど凶暴なイメージがありますが、ジンベエザメはとてもおとなしく、小型のプランクトンなどを主食とし、人を襲うことはありません。